タバコなんて大嫌い その7 一段階進歩できる窮地

先日新年会が行われた。

今年に入って始めての飲み会である。

気心知れた人物との飲み会なので、みんなに気を使わすわけにはいかない。

すかさず、

「ぜんぜん気を使わないでタバコ吸ってね」と気づかった。

当然のごとく、彼らは全く気を使うそぶりなどひとつも無い。

それどころか、

「一本ぐらいいいじゃないすかー」と絡んできた。

これは自分にとって、また一段階進歩できる窮地なのだと確信した。

「おー!そうだなー。でも一本100円で買う」と言って久しぶりの喫煙を堪能することに・・・

関連記事:

Tags: , ,

コメントする