サポートセンター サポートセンターがサポートセンターへ依頼する

今回の依頼人は、自宅のノートパソコンが異常に遅くなったので見てみてほしいという内容だ。

話を聞いてみると、インターネットの速度がとても遅く、途中で切れたりするようになったので、NTTに苦情の電話をしたとのこと。

急いで飛んできたNTTに怒鳴りちらしたのだが、結果、回線には特に問題がなく、サポートの人からはご自分のパソコン環境が原因と言われて肩身の狭い思いをしたそうです。

今回の患者さんは、パソコンに関しては、両肩を抱えられてようやく歩けるようになった赤ちゃんレベルなのに、やりたい事があれば途端に泣き出す暴れん坊将軍いった印象だ。

電話の内容からして、以下の魔法をかければきっと解決するはず。

パソコンの再インストール
有線・無線LAN等のファームウェアのアップデート
その他原因の調査

「いいですよ!」

と言ったのが2月の下旬。

それ以来、このパソコンとの格闘を1ヶ月ほど続けましたが、やっと今日開放されました。

それでは、がみしんサポートセンター始まって以来の大ピンチの数々をとくとご覧ください。

2月22日(水)依頼への対応として

依頼があったときには、まず保証書及び説明書など1式あずかることにしている。

今回はその書類が見事に全て無くなっているとのこと。

しかしこんな出来事は過去にもありました。

顧客満足度第一でやってます。頑張ろう!

2月24日(金)大事なデータのバックアップ

まずは、大事なデータのバックアップ作業です。特別大事なデータは無いよと言いますが、そんなことはありません。

後で後悔しないためにも念入りにバックアップしちゃいます。

パソコンが起動できなくなった場合は、直接外して繋ぐだけで、外付けUSBハードディスクとして認識させることの出来るものです。

3.5HDDでも2.5HDDでも対応できるため重宝してます。

2月25日(土)パソコンの再インストール

今回のパソコンの症状からして、普通なら半日もあれば直るのですが、初っ端の再インストールで手こずりました。

当初は、購入時に仕掛けておいたリカバリーにて復旧を試みることにした。

しかし何度やっても、途中でパソコンが「プツン」と電源が落ちるのです。

それでは、仕方ないので買ったときの状態に戻す初期化を試みるも結果は同じ。

ちなみに今回のメーカーはNEC。過去にもメモリで苦労した経験があります。

まずはメモリを調査することに。いろいろ調べても問題なさそうです。

2月26日(日)ハードディスクの検査

今度はACアダプターを疑いました。電力不足で落ちるということはデスクトップパソコンではよくあることです。

しかーし。

ノートなのでACアダプターを使わず、バッテリーのみでインストールしてみても結果は同じ。

これはハードディスクが問題なのか?

ハードディスクの物理的診断を行うことのできるツールとしてMaxtor PowerMaxというハードディスクの診断ツールを発見しました。

このツールはMaxtorというハードディスクメーカーが提供していて、いろいろな方向からハードディスクを診断できるらしい。

ハードディスクのメーカーが違っても診断できると書いてあったので試しにやってみた。

しかし、苦労した割りには診断の結果は問題なかった。診断には丸一日かけたので、せめて<warning>や<Breakdown>などと出てくれてもよかったんじゃない。

3月2日(木)NECサポートセンターに問い合わせる

NECのサポートは 121ware.com という所の1箇所で全国全てをサポートしている。

今回は、症状を話すため、私が持ち主に成り代わって電話することにした。

電話での対応の結果、原因はマザーボードかハードディスクのどちらかが疑わしいとのこと。

とりあえず、症状を調べて結果をお知らせしてもらうようお願いしました。

NECでは、症状に関係なく診断料として3,675円(往復送料込み)かかるのだが、これで原因が解れば対処のしようがあるので診断してもらうことに。

3月7日(火)日本通運の集荷サービス

NECの修理依頼をすると、日本通運が集荷しにきてくれる。送るには事前に以下のものを用意しておく必要があるが、梱包には専用の箱を持ってきてくれるので、ハダカのままでいい。

パソコン本体
ACアダプター
その他ケーブル等

3月9日(木)診断結果の連絡

サポートセンターから連絡が入り、今回の症状はハードディスクの故障が原因と分かった。直すには、ハードディスクを新規に取り替えるのに47,000円掛かると言ってきた。

えっ!!そんなに掛かるの?

「ハードディスクとOS足したってそんなに掛からないでしょ!」

「ハードディスク壊れたらOSも無くなっちゃうの!」

おかしいんじゃない?ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

結局納得いかないので、そのまま返品してもらうことにした。

3月10日(金)危険な賭け!!

ハードディスクを購入しようと、TSUKUMOに行って来た。

ここの従業員の方は、他のパソコン店と違い親切丁寧なので、何か相談するときは決まってここにきます。

いろいろ話していると、メーカー製のパソコンはハードディスクの形状が若干違ったものがあり、買ったハードディスクが入らないといったことがあるらしい。

また、当時のハードディスクは回転数が少ないが現在のハードディスクは高回転のものが主流で、熱暴走の原因となるかもしれないと言っていた。

さらに、一度使ったハードディスクは不具合以外の返品は出来ないとのこと。

今回は購入せずに以下の順に作業をすることを依頼主に伝えた。

私のサブで使っているハードディスクがあるので、一度それで試す
成功したら、買い取ってもらい作業終了
失敗したら、古いハードをショップに持って行き、危険な賭けをする

3月13日(月)メーカー製は大嫌い!!

上記の通り、自宅で使っている外付けハードディスクを分解して装着を試みた。

寸法や形状は問題なし。無事付きました。

さてお次は、OSのインストール。

( ̄ー ̄) ニヤリッ。成功です。

最後に各種デバイスの確認とその他ソフトウェアのインストールで完了です。

( ̄□ ̄;) あれっ!!画面の動きがおかしいな?

ビデオドライバーが入っていません。それにサウンドも認識していないし、他にも沢山「?」が付いてます。そうか、NEC行って「型番」で検索したらドライバーぐらい落ちてるに違いない。

( ̄へ  ̄ 凸 ぜんぜん無いじゃん!!

NECはOSを自分でインストールする人を想定していないようで、アップデート等のドライバー以外置いていません。全く持って不親切です。

3月15日(火)サポート完了に涙!!

仕方なく、全てのデバイスをインターネットで調べました。

結構メーカー製で同じような苦労をしている人は多いもので、いろいろな所にヒントがあり、試行錯誤しながらもビデオドライバ、サウンドドライバ、IEEE1394、SDカードなど全てのデバイスが認識しました。

やはり一生メーカー製のパソコンは買わないと改めて心に誓ったのでした。

それと、今回最後までやり遂げた自分に

「おめでとう!」||| ?( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ? と言ってあげたい。

というわけで、無償でいくつもの難題を解決し、顧客満足度の向上に努めてきたのだが、この半月の間、自宅の用事やブログの更新などが全く出来なくなったので、しばらくはお休みしようと思う。

そうだ、リフレッシュ休暇をとっちゃおうかな!

そしてバカンスに出かけちゃおう?!

関連記事:

Tags: , , , ,

コメントする