タバコなんて大嫌い 最終回 失ったもの。そして得たもの。

タバコを吸わなくなって、もう半年が経とうとしている。

その間いろいろな出来事があり、時にはタバコを吸ったことは無いわけではない。

今思えばタバコを吸っていたときは、半分病気のようなものだった気がする。

毎日二箱ぐらい吸っていた時期は、タバコの吸えない場所に行くとイライラしたり、自宅にいてもタバコのストックがないと落ち着かなく、夜中でも買いに行くことがしばしばだった。

また、タバコに対する時代の流れに対して、妙に抵抗感があり禁煙の文字に腹立たしささえ感じていた。

今回は「タバコなんて大嫌い」最終回となるのだが、半年の間に「失ったもの」そして「得たもの」が自分の中で整理できたと思うので、紹介して終わりとしたい。

関連記事:

Tags: , ,

コメントする