サポートセンター メーカーサポートが受けられない患者のなぞ

20060830-01.jpg
今年4人目の患者さんがやってきました。

かれこれ累計で20名ほど見ていますが、今回の方の症状は以下の通りです。

品名:NEC VersaProR(ノートパソコン)

年式:03年、Pem4_2.0、OS_WinXpPro

症状:全く起動しない

治療:OS、ドライバーの設定、アプリのインストール

全治:6時間程度

要望:とりあえず普通に使えるようにして!

備考:付属品なし

趣味が講じてはじめた サポートセンターではあるが、最近では重症患者が多数出現し忙しい日々を送っているので、今回はその仕事ぶりについて紹介していこうと思う。

また今回依頼主が患者(パソコン)と一緒にビールを1ケースとアイスを3つ置いていってくれました。

無償がモットーの私なのですが、今回はこの方の誠意を無駄にする訳にはいきません。

ありがたく神棚に飾っておくことに・・・

今回の患者さんは仕事レベルの操作は問題ないが、システム的トラブルには免疫がなく、上記のような症状に対しての対処法が見出せないため、当サポートセンターに連絡が入った。

また、頂いた(あやしい?)パソコンなので付属のCDなど無く、当然サポートも受けられないと言うのだ。

よく私は車に例えて説明するのだが、簡単に言うと「早い車に乗っているのに運転は近所への買い物だけ。

メカに弱いのに理想は高く、普通に手に入れていないためディーラーに持っていけないので、闇ルートでがみしんサポートセンターへ来た」といった具合だ。

症状としては軽い方だが、本人にとっては 重症 の部類に入るのだろう。

しかし、どんな患者さんにも手を抜かないのが当センターのモットーであり、今回も顧客満足度の向上に励もうと思います。

まずはBIOSの設定を確認。問題なし。

FDの起動。問題なし。

ハードディスクの確認。問題あり。ブートディスクが空っぽです。

多分再インストールをしようとしてハードをフォーマットしてしまったのでしょう。

この治療にはOSの再インストールをする必要があります。

幸いにも本体の裏にシリアルが貼ってあったのでこれで大丈夫でしょう。

順調にインストールは進んでいたのですが、ここで問題が発生。

ドライバーがありません。

それもLANカードとビデオのドライバです。

ビデオはともかくとして、LANが認識しなくてはアップデート等の作業が進みません。

早速NECのHPに行き、型番で探したが同じ型番が見つからない。

どうやら企業向けの製品なのかもしれない。

しかしこんな経験は何度もしています。

とりあえず似た型番のドライバーを入れてみることに・・・

見事一発で認識しました。

※同じ年式のパソコンはコスト削減のため、同じ仕様にしていることが多く認識する確率が高い

<ここまでの経過時間:2時間>

OSのインストールが完了しましたので、今度はアプリのインストールとアップデート作業です。

この作業が一番時間がかかるのですが明日に持ち越すワケには行きません。

顧客第一主義をかかげる私にとっては当然のことであります。

<ここまでの経過時間:+2時間>

ほぼ全ての設定が終わりましたが、最後にリカバリーCDの作成をしておく必要があります。

なぜなら、私の経験上、またいつ「調子悪いんだよなー!」とか「これどうやって直すの?」とサポートセンターに連絡が必ず入ります。

そのために完全オーダーメイドのシステム構築をすることが必要なのです。

自分で治せない患者さんには、即効で リカバリー をお勧めしております。

しかし、それすら勝手にイジッテおかしくしてしまうので、ショートカットすら削除しておかなくてはとっても危険。

何かあったときは決まって下のような展開のはず。

サポートセンター:お聞きしたいのですが、絶対に無くなっては困るデータはこの中にありますか?

患者さん:特別ありません!!

サポートセンター:それであれば魔法をかけますので、この部屋から出て行ってください。

といった感じだ。

<ここまでの経過時間:+1時間>

これで全ての作業の終了です。

最終的に5時間かかりました。

現在夜中の2時前です。

私の時間外手当が1000円で22時以降は深夜割増もつくので、ざっと7000円となります。

足りない分は請求書回しときますので ヨロシク・・・

関連記事:

Tags: , , ,

コメントする