サポートセンター 暴走特急現る

さあ、久々のサポートセンターの出動です。

今回の患者さんは、ちっこ(嫁さん)の親友で最近札幌に来た方です。

パソコンに関しては大変向上心があり、購入意欲も十分あるのですが、何から始めていいか判らず、自分自身で頭をフル回転させて出来るだけのことをやってはみたが、その先が見出せなくなり、当サポートセンターに依頼が入った。

一般的なパソコン初心者さんで、症状としては「暴走特急」と言った具合です。

あと、数日遅ければ間違いなく「沈黙の○○○」になっていたでしょう。

それでは、いつものように依頼内容を整理してみます。

パソコン試験を申し込んでしまったその後
良く判らないで買ってしまったパソコンのその後
プロバイダーに申し込んだけど器械の設置に関するその後

上記の件から見て、向上心は上々のようですが、ボタンの掛け違いをしているようです。「1」から先に実行するところはちょっと無謀のような気がします。

予断ですが、私も免許をとる前にバイクを買ってしまった方ですから気持ちは分かります。

しかし、こういう前向きな人には非常に喜ばしく思えてしまう私は、今回も無償出張に出かけてきました。

その前にやっておかなくてはいけないことがあります。

「1.」に関しては、自身のやる気ですので「ガンバッテ」という事しか言えませんが、「2.」と「3.」は何とか解決したいものです。

まずは、よく判らないで買ってしまった中古パソコンの返品です。

電話で「メーカー」「型番」などわかる範囲で教えてもらいましたが、何となくですが推測で以下のような仕様と思われます。

メーカー:TOSHIBA dynabook
CPU:Pemtium?400 か Celeron400
HDD:10GB
メモリ:不明(多分128MB)
OS:WindowsXP
アプリ:OpenOffice、その他不明

お分かりの方は「えっ!」と思われるでしょうが、この仕様でWindowsXPはキツイでしょう。

だいたい5・6年前の代物と思われます。

また、購入時に「パソコン教室でワードとエクセルを習ってるので」と話したそうですが、中古ショップも決して間違いじゃないけど「OpenOffice」じゃ素人相手にはちょっと詐欺ですよね。

ということで、返品の理由もアドバイスさせて頂きました。

「エクセルとワードが入ってないじゃないですか!パソコン教室と違うので話が違います。返品してください!」

この答えも間違いじゃありません。

次の日、無事返品することができたとの連絡が入りました。メデタシ(ダメと思ってたのに)

暴走特急の旅はつづく・・・

関連記事:

Tags: , ,

コメントする