サポートセンター 誰の依頼か解らない恐怖

久しぶりに依頼がやってきた。

依頼者は会社の同僚からである。

依頼内容はなんてことは無い、OSとビジネスツールのインストールである。

過去の実績から言っても超がつくほど最低ランクの仕事だ。

しかし、作業期間をやたらと聞いてくる。

どうやら何かに使いたいようだ。

作業として1時間程度と伝えると「ホッ!」とした様子が電話の向こうからも伝わってくるようだ。

最近では、ちょっとしたことでも、サポートセンターに依頼が来るようになった。

これからは、仕事を選ぶようにしよう。

会社に戻り、現物を見て「目が点」となった。

それは、私が欲しくて欲しくてたまらない LetsNote CF-T2 ではないか!

このパソコンはサイズが小さく、持ち運びも苦にならない重さのため、モバイラーの中では人気の機種であり、今でも高値で取引されている。

中古とはいえ LetsNote CF-T2 は魅力的なアイテムだ。

しかし、付属品が”OS”と”office”のみで、更にはCD-ROMも無い。

こうなると、仕事的には中級ランクに昇格です。

なぜなら会社では無理だからです。

早速依頼主を問い詰めると、やはり自分のパソコンではないらしい。

つい口が滑って、調子のいいことを言ってしまったらしい。

調子のいい事を言ってしまって、中古パソコン店で先物買いをさせてしまったから。さあ大変!

そしたら、このパソコンって誰の?と聞くと・・・

M山 : いや!知らない。

完全にオトボケ戦法を使ってきた。

サポートセンター : 言えないのであれば、この話無かったことに。

はっ!一度冷静になろう!顧客が誰であろうと信用モットーのサポートセンターではないか!

M山 : ○○さんだよ。

がみ : あっそう! なにー(^_^; アハハ…

驚く前にいつものように、「サポート内容」と今置かれている「立場」の確認をしておこう。

まずは、今の時刻は21日の19時である。

サポート条件はOSとビジネスツールのインストール(当然、アップデート等も含まれる)
ひと通り使える最低限の環境(これが難しい)
依頼主から見て私は「ひ孫請け」だがバレテはいけない
提出期限は12月21日(午前中)厳守とのこと
職場では使わず、出張で使用を考えているらしい

それでは、足りないものとしては以下があげられる。

CD-ROMドライブ
LetsNote用システムドライバ関係

想定作業時間は現状として 全く読めない 状況です。

とりあえず、うちの上司にはタイトル「緊急事態!!」とメールを打ち、内容は「明日は直行で打ち合わせに行くので、昼ぐらいに帰ります。」

これであとは時間との戦いである。

これから長くなるので、説明は思いっきり割愛して・・・

早いですが、結果。

朝の5時半に終わりました
10時に起きました
11時30分に届けました
12時に作業内容と簡単な説明をメールしました。

■サポートセンター値上げのご案内

持参によるサポート ⇒ 2,000,000円
出張サポート ⇒ 5,000,000円
サポート外のサービス ⇒ 時価

これでビビッて依頼は無くなるだろう。

関連記事:

Tags: , ,

コメントする