WordPressにまずは入れておきたいプラグイン

WordPressplugin

以前はMTを利用していたのですが、この度動作確認も含めてWordPressで運用してみることにしました。
WordPressもMT同様お好みのプラグインを導入することで、使い勝手を向上させたり、コンテンツ・ナビゲーションの生成やページ・タグの管理、バックアップなど便利なプラグインが多々あります。

様々なサイトを作成していると数ヶ月前のことも忘れてしまうので、以前はしっかりメモをとっていましたが、特別隠すことでもないので、私が導入しているものをコメント付きでメモしておきます。

AddQuicktag

よく使うタグを登録しておき、ボタンひとつで入力できるのがこの「AddQuicktag」。
WordPressはデフォルトでは、「b」「i」「link」「b-quote」「del」「ins」「img」「ul」「ol」「li」「code」「more」「lookup」「close tags」となっていますが、スクリプトやcssで良く使うタグを登録して使っています。
バックアップも取れるので、新しくブログを作る際はリストアをしています。

Akismet

Akismet はコメントがスパムかどうかAkismetウェブサービスに確認してくれるプラグインです。
簡単に説明すると、コメントが投稿されたときに、一度Akismetウェブサービスの方に「この相手はスパムさんではありませんか?」とお伺いをして、「大丈夫ですよ!」とのお墨付きを頂いた場合は受け入れるという機能です。

このプラグインは、最初から入っていますが、登録を行わないと機能しませんのでご注意ください。

Secure WordPress

ワードプレスのセキュリティを高めるためのプラグインです。
目に見えない、どこの誰から、いつアタックされるかわからない恐怖で夜が眠れない人は、早々に導入しておくべきプラグインです。
私もそれほど詳しくないですが、よく脆弱性を狙った攻撃は、古いバージョンが原因だったりすることを見たり聞いたりしたことは無いでしょうか。
例えば、WordPressのバージョンや、プラグインフォルダ等を訪問者から見られなくするような効果があげられます。
他にも、考えられるいくつかのセキュリティ対策を施してくれます。

WP Super Cache

とても知名度が高く、ほとんどのワードプレスのユーザーの「絶対にインストールするプラグイン」リストに挙げられています。
サイトのローディングをスピードアップし、サーバー上の負荷を減らし、トラフィックが多いときは、サイトをダウンしないよう維持するようになっています。
例えるならば、安全運転で燃費運転を心がけサーバーに優しいエコプラグイン。

Scissors

WordPress上で画像をリサイズ・トリミングできるプラグインです。
以前であれば、画像編集ソフトなどでサイズをリサイズしてからアップするという投稿方法でしたが、このプラグインのお陰で、大きなままアップして、トリミング→リサイズを行うことが出来ますので、作業が格段にアップします。

Ktai Style

読んだとおり、携帯に対応させるためのプラグインで、絵文字にも対応するなど日本人には必需のプラグインです。

WPtouch iPhone Theme

こちらは、iPhoneのUIに対応して表示させることが出来るプラグインです。
是非ともiPhone(iPod Touch)でご覧になってみてください。かなりいい出来きにビックリしてしまいました。

All in One SEO Pack

素人には理解するのに時間がかかり、ある程度理解してもセオリー通りSEO対策が出来ているかを理解するのに時間がかかるところを、プラグイン側で柔軟に変更して、SEO対策を行うプラグインです。
利用しないとSEO対策が出来ないことはありませんが、しっかりしたSEOをするためには不可欠なプラグインでしょう。

Google Analytics

Google AnalyticsはGoogleのアカウントを取得すればだれでも利用できますが、以前はテンプレートに直接書き込むなどしていた作業がプラグインを入れて、Web Property IDを設定するだけで機能する簡単設定。
テーマをコロコロ変えても、テンプレートに影響しないので大変便利だと思いますので、まずはこれを使ってみてはどうでしょうか。

Google XML Sitemaps with qTranslate Support

WordPressには、SEO対策のプラグインが多々ありますが、サイトマップを自動で作成してくれて、Google、Yahoo、MSN等のロボットに対応したXMLサイトマップを生成してくれる。
XMLサイトマップを生成しておけば、検索エンジンのロボットちゃんが立ち寄ってくれたときに、サイト全体の目次を即座に手渡すことが出来るため、ロボットちゃんの顧客満足度を向上させることで、検索に引っかかりやすくなるというものです。
また、各種検索エンジンのツール(Googleウェブマスターツール・Yahoo!Siteエクスプローラリンク)にXMLサイトマップを容易に生成してくれる優れたプラグインでもあります。
SEOを意識していなくても、何だかすごい事をやっている気になることはもちろん。なかなか検索エンジンに引っかからないって方にもお勧めですので、とりあえず、導入しておいて損はないと思います。

WP Multibyte Patch

大変助けられたと恩恵を受けたことは、生まれて一度も無いが、主にマルチバイト文字の文字化け対策で入れているお守りのようなプラグイン。
とりあえず、不具合を出さないために誰もが入れている。

MoreLink#remove

記事の概要だけを表示させ、「続きを読む」というリンクが表示させて、そこをクリックしたら個別の記事に飛んで全文が読めるというのが、の機能ですが、個別の記事のURLが#more付きとそうでないのと2つ存在してしまい、リンクが分散してしまうことから、検索やブックマークでいろいろ都合がよろしくないのを解決してくれるプラグインです。

Link Indication

WordPressはデフォルトでは、他のサイトへのリンクは別ウィンドウで表示されないようです(ver.2.8.4)。
見る方の立場からすれば、やはりリンクを外部(他のサイト)に設定している方が顧客満足度的にもブログに留まっていただく意味でも効果が期待できます。

Yet Another Related Posts Plugin

個別の記事の最後に「関連記事」へのリンクを表示してくれるプラグイン。
タイトル、内容、タグ、カテゴリと細部に渡る設定が行うことで、読み手のニーズを的確に捉えられる記事が自動的に表示されます。
設置は比較的簡単であるが、同様のプラグインであるSimple Tagsと比較すると少々敷居が高いのではないでしょうか。
しかし、比較してみると記事間の関連性がこちらの方が性格だったのでお勧めしたいと思います。

Get Recent Comments

サイドバーにウィジェット(Widget)でコメントを表示するプラグインです。WordPressでもデフォルトでコメントを表示することはできるのですが、コメントとトラックバックを分けて表示することはできないのが理解に苦しみ、分けることが出来ないか探していたら、このプラグインを見つけることが出来ました。

Wickett Twitter Widget

ご自身のTwitterをWidgetに表示させるだけのプラグインです。最近の流行なんで触れておきます。

WP-Amazon

記事中に、Amazonの商品を埋め込むためのプラグインです。
新規投稿時に “Amazon” ボタンが表示されるので、そちらをクリックして商品を検索するだけで表示されます。
登録の難易度は少々高く、トラッキングIDの他に、サブスクリプションIDと対となる秘密鍵を設定する必要があります。

WP Rakuten Link

楽天市場の商品を表示します。利用にあたっては、楽天ウェブサービスのデベロッパーIDが別途必要です。

WP Simple Adsense Insertion

記事に関連する広告を表示させるGoogle Adsenseに関するプラグインは多々ありますが、私の考えに沿うプラグインがあったので紹介しておきます。

ほとんどのプラグインが、決められたサイズの広告を決められたスペースに自動的に表示させるというものですが、この「WP Simple Adsense Insertion」は、設定しただけでは広告が表示されません。
予め3つまで設定しておき、記事中の好きな場所ににご自身でオマジナイを記すことで広告が表示されるようになっています。

Easy Google Syntax Highlighter

ブログに貼り付けたソースコードを分かりやすく見せるためのプラグイン。
Yahooでも使われている有名なSyntax Highlighterが何故だか使えなかったので、いろいろ試してみた結果、こちらを使うことにしました。
Syntax Highlighterが使えるようになったらコード部分を記述し直せば変更できると思います。

Header and Footer

テーマに依存することなく、ブログのHTMLに任意のコードを追加できるようにするプラグインです。
具体的には、「トップページの?内」、各ページのヘッダ部、各ページのフッタ部の3ケ所になります。
ブログの構成やテーマが決まっていない場合に、テンプレートに直接記述させることなく設定することが出来るので重宝しています。
ちなみに、私の使い方は、jQueryプラグインを読み込ませるためにヘッダにスクリプトのURLを記述しています。

WP-PageNavi

ページが増えてきても、記事数の多いカテゴリーページでも、ワンクリックで最終ページまでジャンプ出来るようになります。
見た目も良くなりますので入れておくことをお勧めいたします。

Error: Suspended

関連記事:

Tags: , ,

コメントする