DELLのモニター「2407WFP-HC HAS」に涙と感謝


先日、モニターの電源を入れるボタンが戻らなくなり、モニターが消せなくなってしまいました。
このモニターは、本体の電源を消すと、省電力になるわけでもなく、自動的に「赤」「青」「緑」と点滅する仕様?で、いつも右下にある電源ボタンを押して消していました。
他は申し分ないのですが、この1点が気になり改善策を模索していた所に今回の故障。

記憶では、5年保証で買ったので、サポートから修理依頼をしようとウェブで覗いてみると、「サービス・製品保証情報」からサービスタグナンバーで検索するようになっている。

番号は本体で確認できるようなのだが、どうも、この機種は該当しない商品らしい。
とりあえず、電話サポートが受けられる月曜日まで、電源コンセントを抜き差ししながら凌くことに。

電話サポートでは、修理ではなく、交換だという。
交換は構わないのですが、当時と同じモデルがない場合は、同等以上のモニタに変更と言われたのでちょっと気になり、恐る恐る質問。

「同等というのは、「TN」ではなく同じ「IPS」ですか。」
「そうです。」

それならいいやと、心の中では、半分新製品に片寄いぎみ。

しかし、届いた商品は、型も年式も全く同じで少々残念でしたが、返還までの数日間、24インチ2台のマルチディスプレイを体感し、使いやすいと思いきやこの大きさが2台だと全く使えない現実に直面し、いつものように電源を切ると、今までのモニタが相変わらず、「赤」「青」「緑」と点滅したままでしたが、新しく来た方の電源が切れてます。
というより、省電力になっているようです。

目を疑った私は、同じ動作を3度も行い、そして、目から涙が溢れてきました。

何だか知らないけど、ありがとう。 DELLさん。

Error: Suspended

関連記事:

Tags: , , , ,

コメントする