携帯購入計画 第02弾 「au HTC EVO WiMAX ISW11HT」でWiMAX検証

一週間お借りしていた、auの「HTC EVO WiMAX ISW11HT」について、報告したいと思います。

やはり、WiMAXは、エリアが普及していない影響もあり、自宅(札幌市中央区)では、かろうじて使えるけど、イライラレベル5という結果となりました。
西向き以外の部屋は全滅。茶の間では全く電波が拾えません。

また、スピードは、3Gに遠く及ばず無残な結果になったので、その場で買わなくて正解です。

そもそも、自宅ではWiFiで利用しますので、それほど必要性はありませんでしたが、自宅にインターネットを引いていない人が、今回の機種を選ぶ場合、とても重要なことですので、検証も含めて利用できてよかったのではないかと思っています。

外出時での利用では、場所にもよりますが、それほど早いといった印象がなく、むしろ、3Gでの接続の方が多く利用していたと思います(自動的に切り替わるため)。

結論からいうと、持ってOKな人は、
一人暮らしで、WiMAXのエリア近くに自宅があり、外出先、若しくは出張先でPCを使う機会が多く、それでいて、どんな時でも誰かと繋がっていないと生きていけない”寂しがり屋”の人以外は、あまり、恩恵を受けることはないでしょう。

また、秋には、テザリング、WiMAX搭載の新機種が出るウワサがすでに出ています。

ということで、早々に諦めて、次の選択肢を考えましたが、新しく出た夏モデルには、WiMAXもテザリングも対応している機種が存在しません。
ちなみに、ドコモの夏モデルはテザリングの方は対応しています。

でも、携帯を利用出来る期限は今月末まで。

いろいろ調べると、その代わり、新機種には「WIN HIGH SPEED」という、以前より早い速度の規格となったことで、以前(1〜2Mbps)に比べて、通信環境は改善されているようです(受信最大9Mbps)。
ちなみに、WiMAXの恩恵が得られないことが分かった「HTC EVO WiMAX ISW11HT」は、この規格に対応していないことが後から分かり、何の未練もなくすっかり頭からリセット出来ました。

次回は「スマホに迫る」

関連記事:

Tags: , ,

コメントする