携帯購入計画 第05弾 「au G’zOne IS11CA」に触れる

前回に引き続き、スマホネタ。

他のauの機種を調べると、「G’zOne IS11CA」という、いかにも無骨でスマートには縁がない逆路線を行っている機種を見つけた。

今日は7月14日。
発売日のようである。

外観は、CASIOのGShockのように頑丈なイメージでプロトテックの機能を凌駕するアウトドアユース向けにはうってつけのスマートフォンである。

いろいろな所で、外観、機能について触れられているので、ここでは割愛するが、本日、実際に触って来たので感想をお伝えしたい。

ただ、全てを書くと長くなるので、以下について疑問点などを明記しておくことにする。

  • CASIO プロトレック並のアウトドア機能
  • カメラのズーム機能
  • Active Slot
  • バッテリー

CASIOのプロトレックは、電波時計で、方位、高度、気圧など私が欲しい機能が全て詰まっている。
しかし、私は腕が細く、プロトレックを付けると、相当浮いてしまうため、長年購入をためらっていました。

しかし、この?「G’zOne IS11CA」は、スマートフォンでありながら、これら全ての機能を網羅しており、私にとっては一石二鳥。待ちに待った瞬間がダブルで訪れることになります。

すぐにでも契約に走りたいのですが、グッと我慢して下調べ。

カメラ機能は、あれば良いと思ったのですが、スマホで利用することが多くなると想定していたので、カタログに載っていない不明な点を潰す意味で調べてきました。

結果として、最大解像度では、ズームは出来ない。
ワンランク解像度を落とすことでズームが働くことが分かりました。
また、シャッターボタンは、物理ボタンではなく、画面をタッチすることで撮影するタイプ。

非常に不満です。
ズームはそれほど問題視していませんでしたが、物理ボタンでないことで、一気に物欲を欠く結果となりました。

次にご紹介する「Active Slot」のボタンに割り当て出来れば、それなりに使い勝手が向上すると思いましたが、割り当てることは現状出来ません。

※画像URL(http://www.digimonostation.jp/review/ot/ot01/20110706/6218

「Active Slot」については、少々ガッカリであった。
この機能についての使い勝手について、あまり触れなかった雑誌やWeb上のジャーナリストはもう少し、突っ込んだ記載をして欲しかったと思う。

簡単に説明すると、
Active Slotのボタンを押すと、予め割り当てしておいた機能が立ち上がるのだが、「それがどうした!」という内容。

割り当てられる項目は、確かこのあたり。(記憶のみ)

  • ランチャー
  • 白色灯?
  • 検索

標準では、ボタンを二秒押すと、この独自のランチャーが立ち上がるのだが、ランチャー自体にアプリを割り当てても、目的のアプリにたどり着くまで、”一手間”多くなってしまう。
二秒押しですぐに目的のアプリにたどり着けなければ、全く意味のない気がするのは私だけだろうか。

私だったら、カメラを割り当てたり、メールアプリを割り当てたり、比較的よく使うアプリを自由に割り当てるようにするだろう。
ユーザーに操作を極力少なくさせるという工夫が感じられい。

特別、カメラに執着するわけではないが、カメラをメニューから選ばなければならないのであれば、このボタンに割り当て出来るような配慮は必要ではないだろうか。

バッテリーに関しては、日本仕様にするために、バッテリー内に「FeliCaチップ」を搭載し、お財布携帯に対応しているようだ。

※画像URL(http://japan.cnet.com/news/service/35002694/22/

理由は、海外モデルを日本仕様にするためには、スペースが取れないことで、バッテリー容量を減らして、そこにこのチップを埋め込んだのだという(写真右上)。
確かに、バッテリー容量は、微妙に少ない。
これでは、社外製の安いバッテリーは使えないとなると、出費が気になります。

※関連記事URL
(開発陣に聞く「G’zOne IS11CA」:伝統を守りながら、スマートフォンとして新しいステージに――「G’zOne IS11CA」)

今回は、本当に欲しかったので詳しく調べたり、実際に触ってきたが、最近のこの手の雑誌やウェブに出ているジャーナリストは、どちら寄りなのか疑問を持ってしまう。
とは言いながらも、使い勝手の不満も含めて、納得した上で購入してしまうほど、物欲は収まらない感じのスマホである。

その他の機能は、ワンセグは付いていないが(無くて良かった!)、赤外線など必要と思われる仕様であるため、概ね満足。
テザリングは、後々対応すると予想してるので、気長に待ちます。

次回は、「お店ごとのスマートフォン販売手法」

関連記事:

Tags: , , , , , ,

コメントする