携帯購入計画 第06弾 羊の皮を被った狼「au INFOBAR A01」

正直、なめていた。「au INFOBAR A01」。

デザイン重視かと思いきや、中身はハイスペック。
XpeliaやG’zOneなど、全く霞んで見えてします。

今までのスマホネタを総合して、勝手ではあるが、物欲度でまとめると、

検討項目 INFOBARA01 XperiaAcro G’z One IS11CA
キャリアメール対応可能である × 9月対応
おサイフケータイは必要である
赤外線は必要である
Bluetoothは必要である ◯ ver3.0 △ ver2.1 △ ver2.1
カメラ機能は使い勝手を重視
CPUは早いに越したことない ◯ 8655T 1.4GHz △ 8655T 1.0GHz △ 8655T 1.0GHz
メモリは多いほうが良いに決まってる ◯ 1.1GB △ 380MB △ 350MB
画面の大きさはこだわらない ◯ 3.7インチ ◯ 4.2インチ ◯ 3.6インチ
丈夫さは重要である ?
バッテリー容量は大きい方が良い
地デジは無くてもいい ×
スマートさは重要である ×
合計 20点 15点 19点

◯:2点 △:1点 ×:0点

物欲度ランキングでは一位となったが、3機種触ってみて、それぞれ一長一短あるのでまとめてみた。

INFOBAR A01

  • バッテリーの持ちが気になる(充電バッテリーでカバー出来るか?)
  • カメラのシャッターボタンがタッチ操作で且つ真ん中が(>_<)

XperiaAcro

  • キャリアメールの対応遅れ
  • 丈夫さがこころもてない
  • メモリが少ない

G’z One IS11CA

  • 操作が引っかかる
  • カメラのシャッターボタンがタッチ式
  • カメラのレスポンスが悪い
  • メモリが少ない

最終的に、INFOBAR A01に限らず、どのスマートフォンもバッテリーがこころもてないため、充電バッテリーは必須であり、妥協出来る範囲である。
INFOBAR A01は、カメラのシャッターボタンをキーカスタマイズで物理ボタン(メニュー、HOME、戻る等)に割り当てられたら、ものすごく写真撮影が楽になるのにと店員さんと話していました。
この点が後々改善されれば、パーフェクトなのだが、現状、物欲度は一番である。

何より、INFOBAR A01が、秋に新モデルが出るとは思えない。
これだけ、洗練された操作感で高スペックなモデルを超えるには、期間が少ないのではないだろうか。
ただ、メモリに関しては、他機種では、ユーザーから少ないとのご意見が多発するだろうから、秋モデルは、この点は改善してくるのは間違いないだろう。

次回は「お店ごとの販売戦略」をご紹介。

関連記事:

Tags: , , , , , ,

コメントする