android最強アプリ 第03弾 使い勝手と連携が良い「GOランチャーEX (GO Launcher EX)」

auのinfobarを購入して、標準のランチャーを暫く使っていたが、いまいち使い勝手が悪い。

理由として、標準以外のウィジェットが貼り付けられないからである。
付けられないことはないのだが、左のパネルへの移行がスムーズに行えない。
特に、メモリ回りの最適化などすぐに押したい場合にはストレスを感じてしまう。

そこで、infobarの売りであるこのランチャーとは別れを誓い、別のランチャーを片っ端からインストールしては、自分の利用環境に合わせること数日間。

やっとたどり着きました。

GO ランチャー EX (GO Launcher EX)

決め手は、比較的軽く動作も機敏で、「GO Launcher EX Notification」と連携させることで、gmailやSNSなどの受信数などがアイコン上に表示されるところが気に入りました。それと、無料ではめずらしくウィジェットの横幅が変えられること。
infobarの場合、横5×縦6という設定で配置しているのですが、ウィジェットは1×4、2×4などが多く、若干短くなってしまいます。
探した中では、横幅を変えられるのは、無料だとこれしか見当たりません。

あと、テーマが豊富なことに加え、ウィジェットのスキンもあることがとても気に入りました。
ちなみに、私は黒の薄くらいイメージとなる「Transparency」というスキンに変えています。
気分にあわせて着替えさせられるところが、iPhoneには無いAndroidの良いとこと実感しまいた。

ところで、皆さんは、普段どれだけのアプリを使うでしょうか!?
いろいろアプリをインストールをすると、ページごとにカテゴリー別に分けているのではないでしょうか!?

私は、このランチャーでは、一番下のメニューボタンには、メニューのみとし、トップ内に利用頻度の高いアプリやウィジェットを並べ、左面には、GOWidgetから「Contacts」を一面に、右面には、同じくGOWidgetの「Facebook」と「Twitter」を半々に表示させています。
トップ面は必要最小限に留め、メニュー内を分かりやすくカテゴリ分けして管理している。
理由として、毎日使うものとそうでないものは、使う頻度は明確であり、頻度の少ないアプリはその都度探しても、それほど苦にはならないというのが、Palmの頃からこの手のデハイスに慣れひたしんだ経験から言えることです。

これが今のところ、一番使い勝手がいい。

いろいろなアプリを入れたり消したりするごとに、並べかえる必要がないのです。
また、非表示にしなくても、普段は見えませんから気になりません。

もし、新規アプリをトップ画面に昇格させたければ、その時に悩めばいいので、それまではごちゃごちゃした二軍で待機させておきましょう。

GO ランチャー EX (GO Launcher EX)
http://www.aoidev.com/

関連記事:

Tags: , ,

コメントする